潮風のおくりもの

潮風のおくりもの

販売価格: 300円(税込)

在庫数 1冊
数量:

潮風のおくりものは、ラーキン家の玄関の前に置き去りにされていた……


夏が去って、避暑客が帰り、島に静けさがもどった日、潮風のおくりもののように、赤んぼうのソフィーがやってきた。

少女ラーキンは、生まれてまもない弟を亡くしたばかりだったけれど、ラーキン一家は「いつか、この子がここを去る時、愛された思い出を持っていけるように……。」と考えた。

家族のそれぞれがソフィーに精一杯の愛情をそそぐ。

(出版社の内容紹介より)

その他の商品情報

  • ★ おひさま堂からひとこと

    『のっぽのサラ』で知られたパトリシア・マクラクランは、家族愛をテーマとする作品が多い。

    本作もまた、家族愛が1つのテーマであるが、この物語では、もう1つ「言葉」というテーマを忘れてはならないと思う。

    哀しみのなかで失ってしまった言葉、幼い子どもが獲得していく言葉、そして癒しとなる言葉……そんな様々な言葉に注目しながら読みたい作品です。



  • ★ 書籍データ

    パトリシア・マクラクラン:作
    掛川恭子:訳 鈴木まもる:絵
    新刊時定価: 1200円
    出版社: 偕成社
    サイズ: 19.6 x 13.7 cm / 190p
    発行年月日: 1995/7 初版第1刷

  • ★ 本の状態

    本の状態 並

    ・表紙カバーにはスレ・キズなどあります。
    ・天地小口は汚れがあります。
    ・本文は綺麗です。

潮風のおくりもの

販売価格: 300円(税込)

在庫数 1冊
数量: