月の森に、カミよ眠れ

月の森に、カミよ眠れ

販売価格: 400円(税込)

在庫数 1冊
数量:

失われしものへの哀歌の中に神と人との関りを描く


月の森の蛇ガミをひたすら愛し、一生を森で送ったホウズキノヒメ。

その息子である蛇ガミのタヤタに愛されながらも、カミとの契りを素直に受けいれられない娘、キシメ。

神と人、自然と文明との関わりあいを描く古代ファンタジー。

(出版社の内容紹介より)

その他の商品情報

  • ★ おひさま堂からひとこと

    九州の祖母山に伝わる、蛇神と娘の婚姻伝説「多弥太伝説」をもとにした、日本古代を舞台にした壮大なファンタジーです。

    敬い崇める存在が、カミから人(征服者)へと変わっていく中で、人々の生き方や文化そのものが変わっていく。

    ファンタジーであると同時に歴史物語でもあるかな。


  • ★ 書籍データ

    上橋菜穂子:作
    新刊時定価: 700円
    出版社: 偕成社
    サイズ: 18 x 13 cm / 243p
    発行年月日: 2000/10 初版第1刷

  • ★ 本の状態

    本の状態 並

    ・表紙カバーにはスレ・キズなどあります。
    ・天地小口はわずかに汚れがあります。
    ・本文は綺麗です。

月の森に、カミよ眠れ

販売価格: 400円(税込)

在庫数 1冊
数量: